2歳と3歳の着物のサイズって大切なんです!

地域性でしょうかお祭りの前後になると753の問い合わせが多くなってきます。

お祭りがある地元の方たちは753の年代の親御さんがお祭りの役にあたることが多くなってきやすいのでお祭りの後の問い合わせが増えてきます。

ちなみに観音寺店では18日から20日まで、宇多津店では26日と27日で太鼓台が出てましたね。

お祭りお疲れさまでした(笑)

 

七五三とは

七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の年中行事であり、神社などで「七五三詣で」を行い報告、感謝、祈願を行う奉告祭。

だそうです。Wikipedia参照です。

男の子も、女の子も「数え」が正式です。

男の子は、2歳、4歳

女の子は、2歳、6歳

これが正式とされてはいますが、ここ近年は年にこだわる親御さんも少なくなり、「満」でお参りに行ったり五歳でまとめてしたり、忘れてて8歳で撮ったり、本当に様々な753の捉え方をされる人が増えました。

その一つの理由として写真があると思います。昔はとりあえず着物着て笑顔でなくても写真を一枚でも撮れたら大丈夫!みたいな流れがあったんですがカメラが進化して、親御さんでもお子さんの可愛い写真を簡単に撮れる時代になり、写真館に求められるレベルはどんどん上がって来てるじゃないかな?

ただ2歳は着替えること自体を嫌がったり、遊んで寝るのが仕事です。着物を着るのもやっとのお子さんが多いんです。

そこで試着の時にどうしても着るのを嫌がり「やっぱり来年にしようか」ってお客さんもおられるんですが、やはり正式にこだわるお客さんもおられます。

2歳用と3歳用では着物の大きさも全然違います。

こちらは2歳用の着物です。

こちらは3歳用の着物です。

一枚だけ見るとほとんど分かりませんが、比べてみると

袖の長さ・幅・着物自体の丈も全然違います。

普通に見て2歳と3歳のこの1年間の成長はかなり身長が変わります。

小さい子は着物に着せられてる感が可愛いんですが、あまりにも袖丈が長すぎたり、着物丈が長すぎると着せられてるというより、被せられてる感じになりすごくバランスが悪くなります。歩くのもままならずコケたりして本当に危ないんです。

あと肩上げや裾上げをして調整しても柄がおかしいところで切れたり、デザインのバランスも悪くなります。

これだけ違うけど3歳用の着物の方がほとんど多いです。

2歳用の着物はほとんど無いのが現状です。

実際は女の子用も2歳用もございます。数には限りはあります。

でも2歳のお子さんが着ていれば本当にバランスよく着てもらえます。

2歳なりたてのお子さんに3歳用の着物を着せると、バランスが悪くなり着崩れの原因や、袖を地面に擦ったりといった悪いローテにハマります。

お参りでも写真でも、正式の2歳で753をしようかなって思ってる親御さんは遠慮なく、スタッフに聞いてくださいね!!

そしてバランスのいい着物を着てるお子さんの笑顔を神社で撮りまくってあげてください。

家族でのロケーション撮影のプランもございますので是非お問い合わせください。

宇多津・観音寺のフォトスタジオ

お電話でご予約

ネットからご予約

  • マリーアージュコトブキ 宇多津店

    〒769-0202
    香川県綾歌郡宇多津町浜二番丁19-16

    0877-41-0888

  • マリーアージュコトブキ 観音寺店

    〒768-0067
    香川県観音寺市坂本町4丁目1番35号

    0875-25-2780