忘れ物はない?前撮りやフォトウエディングの持ち物チェックリスト

結婚式の前撮りやフォトウエディング。
せっかくだから記念に残る特別な写真を残しておきたいですよね。
イメージ通りの写真を残すためのアイテムはもちろん、撮影をスムーズに進めるためのちょっとしたアイテムを含めると、用意しておきたいものって実はけっこうたくさんあるんです。
 
ちょっと忘れただけで済めばよいのですが、思い入れのアイテムを忘れた。
忘れ物のせいで撮影が延期になってしまったなんてことになってしまうと、せっかく楽しみにしていた前撮りやフォトウエディングが忘れ物のせいで「嫌な思い出」になってしまいかねません。
 
そこで、今回は、前撮りやフォトウエディングで忘れ物をしないための持ち物チェックリストをご用意しました。
それぞれの説明書きも含めて、ぜひチェックしてみてください。

撮影用の衣裳って持ち込みできるの?


前撮りで撮影するための衣裳は基本的にウエディングドレスやカラードレス、和装など、ウエディングの衣裳であることがほとんど。
結婚式場でレンタルしたドレスを写真スタジオに持ち込むといった場合の持ち込みはほとんどの場合OKです。
ただし、提携の結婚式場とはまったく関係ない衣裳店のドレスを持ち込む場合、持ち込み料が必要な場合があります。
また、衣裳店さん側からNGが出てしまうこともあるのでご注意ください。

普段着や手作り衣裳の持ち込み

撮影プランを利用した上で、手作りのドレスや普段着のポートレートなどを追加で撮影してもらいたい場合も一度相談してください。
基本的には撮影がNGということはなく、追加料金をお支払いいただくことで撮影可能です。
ただし、場合によっては持ち込み料が発生したり、イメージ通りの写真を撮影するためには当日まとめて撮影することが難しかったりすることがあるのでご注意ください。

前撮りの持ち物チェックリスト


まずは絶対に忘れてはならない物です。
忘れてしまうと撮影ができなかったり、イメージしているカットが撮れなかったりするので要注意。
事前にしっかりとチェックしておきましょう。

●前撮りの持ち物チェックリスト
 

  • 結婚指輪
  • ブライダルインナー
  • 撮影用小物
  • 手作り用小物
  • 衣裳や小物類

結婚指輪

忘れがちな上、忘れてしまうと取り返しがつかないのが指輪。
リング交換、指輪見せのポーズなどを撮影に取り入れたい場合は特に、忘れるとイメージしているカットが撮影できないこともあるので要注意です。

ブライダルインナー

基本的にはプランについているためご用意いただく必要はありませんが、ご自身で持参される場合は忘れないようにご注意ください。
もし、忘れてしまった場合、お店の物をお使いいただくカタチになります。

撮影用小物

指輪だけでなく、フォトプロップスやガーランド、写真立てや額縁など、撮影に使いたい小物を持参したい場合は忘れないようにしましょう。
たくさん用意し過ぎても撮影し切れないので、どんなものを用意するか、イメージしているカットはあるかなど、事前に相談しておくのがおすすめです。

手作り小物

アクセサリーやブーケなどを手作りしたいという方も増えています。
撮影用に用意しようと思っていた「ネイルチップ」なども忘れがちなので要注意。
せっかく作ったアイテムを忘れてしまったらテンションも下がってしまいます。
思い入れのあるアイテムだからこそ、忘れないように準備しておきましょう。

衣裳や小物類

ドレスや和装、衣装用の小物類などを持ち込む場合は忘れてしまうと撮影ができません。
自分で持ち込む場合はもちろん、レンタル衣裳店と撮影するお店が異なる場合はきちんと手配ができているかも確認しておくことをおすすめします。

用意した方が良い物のチェックリスト


忘れたからと言って大事にはならないけれど、できれば準備しておきたいもののリストです。
ちょっとの工夫で撮影がより快適になったり、スムーズに進んだりすることも少なくありません。
そして、気持ちよく進めば撮影の表情も良くなっていくことがほとんど。
 
カメラマンをはじめとする撮影スタッフもできる限りのサポートしますが、念には念を入れてという意味でもぜひご検討ください。

●用意した方が良い物のチェックリスト
 

  • スマホや携帯カメラ
  • 飲み物
  • 防寒具やタオルなどの寒暑対策具
  • 移動用の履物
  • 軽食など、何かつまめるもの
  • メイク道具

スマホや携帯カメラ

当日、プロの方に撮影をお願いするのでカメラは必要ない・・・と思いがちです。
しかし、両親や友人達に、撮影の状況を撮ってもらったり、ちょっと違った目線の写真を残してもらったりするのもおすすめ。
時間と興味があれば、お手持ちのカメラで上手く写真を撮るコツなんかを伝授させていただくこともできます。
 
ちなみに、撮影中はこちらに集中していただきたいので、付き添いの方の撮影をご遠慮いただいています。
ご了承ください。

飲み物

ロケーション撮影の場合は特に、休憩時間中に少しのどを潤したいという方は、飲物をご持参ください。
夏は特に、こまめに水分補給をしておかないと熱中症や脱水症状になってしまう可能性があるので注意が必要です。
ただし、トイレに行きたくなってしまうこともあるので飲み過ぎにも注意が必要です・・・。

防寒具やタオルなどの寒暑対策具

ロケーション撮影がある場合は特に、夏は日焼け止めやタオル、うちわなどの暑さ対策が必須。
逆に、冬はカイロや防寒着などの羽織るものを用意しておくことをおすすめします。
自然が美しい海や山での撮影は特に、日差しや風が強いことも多いので、気を付けすぎて損をするということはありません。

移動用の履物

ロケーション撮影はもちろん、スタジオでの撮影でも、メイクルームとスタジオの行き来は発生します。
ドレスを着ると足元が見えないので、移動には履きやすいサンダルなどを用意しておくととても便利。
疲れも軽減できるのでおすすめです。

軽食など、何かつまめるもの

撮影が長くなるとおなかが空いてくることもしばしば。
とは言え、ドレスや和装姿ではなかなか食事もできません。
軽くつまめるものを用意しておけば、合間に補給していただくことも可能です。

メイク道具

ヘアメイクさんが担当してくださるので、基本的にはご自身のメイク道具をご用意いただく必要はありません。
ただし、肌に合わない化粧品があるという方は、念のためご自身で用意しておくことをおすすめします。
また、打ち合わせなどで事前にご相談いただければ、メイクさんと相談することも可能です。

準備を万全にしておいて損することはありません

いかがでしたか?
忘れ物をしてしまうとせっかくの撮影を沈んだ気分で過ごすことになってしまうこともしばしば。
また、暑さ、寒さに弱い方は、撮影中に体調を崩してしまうことがあります。
普段より少しだけ余分に気を付けて、撮影をより快適に過ごしてください。

宇多津・観音寺のフォトスタジオ

お電話でご予約

ネットからご予約

  • マリーアージュコトブキ 宇多津店

    〒769-0202
    香川県綾歌郡宇多津町浜二番丁19-16

    0877-41-0888

  • マリーアージュコトブキ 観音寺店

    〒768-0067
    香川県観音寺市坂本町4丁目1番35号

    0875-25-2780