前撮りをしないと後悔するって本当?というギモンに現場のカメラマンがお答えします

撮影にいらっしゃる方は前撮りをやると決めた方がほとんどですが、世の中的には結婚式の前撮りをやる、やらないで迷っている方も多いようです。
中には、そもそも前撮りって必要?
と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
 
そこで、今回は現場を見てきたカメラマンが「なんで前撮りが必要なのか」について考えてみました。
他のカメラマンさんとは意見が違うかもしれませんが「こういう意見もあるのか」程度に参考にしていただけるとうれしいです。
 

前撮りとフォトウエディングの違い


まず、前撮りについてですが、前撮りとは「結婚式の前に写真を撮影すること」です。
よくフォトウエディングと並列で紹介されますが、フォトウエディングは結婚式をせず、ドレスを着て写真だけを撮影することを言います。
こちらはドレス姿を記念として残すという明確な定義があります。
 
一方で、前撮りはドレス姿の写真は結婚式で撮影できるので、わざわざ改めて写真を撮影する必要はないのでは?
というのが今回のテーマになっています。
 

前撮りをしない理由は「金額」や「時間」の問題が多い


前撮りをしない理由は「ドレス姿の写真は結婚式で残せる」というものが多いです。
お金もかかるし、そこまで必要性を感じないというのが一般的。
 
「結婚式で写真が残るならそれで良いのでは?」
「ポーズをキメて写真を撮影するとか恥ずかしい」
「わざわざ撮影する意味あるの?」
 
というのが、前撮りをしない方の意見ではないでしょうか。
また、前撮りをしなかった理由についても
 

  • 費用が思ったよりも高かった
  • 前撮りをする時間がなかった
  • そもそも前撮りに興味がなかった

 
といったものが挙がってくることが多いです。
 

キレイな写真が撮れる以外にも前撮りをする意味はたくさんある?


では、前撮りをする人はなぜわざわざ結婚式の前にドレスを着て写真を撮影するのでしょうか。
 
せっかくの記念だから?
当日の写真だけでは物足りないから?
 
実際にそういう方もいらっしゃいます。
プランに含まれていたという方も少なくありません。
ただ、ご自身で、前撮りを申し込まれている方の多くは、きちんと目的を持って前撮りをされています。
 

  • 結婚式に使うための写真を撮影する
  • メイクのリハーサルができる
  • ドレスを着て歩く感覚を体験できる
  • 試着の時に当日着るのを諦めた衣裳を着て写真が撮れる
  • 思い出の場所やアイテムなどを使って記念撮影ができる
  • 時間に追われることなく撮影ができる

 

結婚式に使うための写真を撮影する

結婚式の前に撮影しておくことで、結婚式当日に使うアイテムに、前撮り写真を使うことができることも大きなメリットのひとつです。
招待状やウエルカムボード、式次第など、さまざまなペーパーアイテムに前撮りで使った写真を活用することが可能になります。
 
中には、前撮りのタイミングで私服撮影をしておき、招待状や年賀状にあえてドレス姿ではないスナップを使うカップルもいらっしゃいます。
それくらい、前撮りで撮影した写真は結婚式に広く活用することが可能です。
 

メイクのリハーサルができる

プロのメイクさんにお願いするとはいえ、やっぱりぶっつけ本番はちょっと不安ですよね?
ドレスを着て、メイクをした姿がどんなふうになるのか、髪型やイメージなどをきっちりと作ることができるのは当日以外では前撮りしかありません。
そのため、前撮りを本番前の予行演習のようなイメージで捉えている方も少なくありません。
 

ドレスを着て歩く感覚を体験できる

リハーサルメイクと同様の理由ですが、ドレスって実際に着てみるとけっこう思っているのと違うという方が多いです。
重くて疲れるし、歩きにくいし、見た目のイメージと比べると想像以上に大変だったという方が多いです。
特に、気をつけて歩かないと裾を踏んづけて転んでしまうということもあるため、前撮りで実際にドレスを着て、歩いてみるというのは本番前に一度体験しておくと安心できるかもしれません。
 

試着の時に当日着るのを諦めた衣裳を着て写真が撮れる

着たいドレスがありすぎて、なかなか1着に絞り込めないという方は少なくありません。
だからといって、当日にお色直しを5回も6回もやるわけにはいきませんよね?
そこで、前撮りに着られなかった衣裳を入れ込むという方も少なくありません。
 
特に和装は、当日だと着付けに時間がかかってしまうためできる限り長時間ゲストと一緒に過ごしたいという方にとって選びにくい衣裳でもあります。
ただ、ご両親をはじめとする年配の方は「娘の和装姿を見たい」と思っている方も多いよう。
前撮りで和装を着て、その写真を見せただけでおばあちゃんが大喜びしてくれたなんてエピソードも。
 

思い出の場所やアイテムなどを使って記念撮影ができる

結婚式場以外の場所で、自由に撮影ができるというのも前撮りのメリットのひとつ。
前撮りのロケーション撮影では、海や遊園地、学校など、さまざまな場所にお邪魔して、カップル様と一緒に写真を撮影します。
当日では絶対に撮影できない写真なので、前撮りをする「最大の理由はこれ」という方も少なくないでしょう。
 

時間に追われることなく撮影ができる

結婚式当日は時間に追われてなかなかゆっくりと撮影を楽しんでいる暇はありません。
すごく楽しかったけれど、あっという間にすぎてしまったという場合が多いため、当日以外の日にゆっくりと時間を確保しておくことで撮影に専念できるというのもメリットのひとつです。
 

前撮りの撮影自体が素敵な思い出の1日になる


とは言え、カメラマンとしては前撮りは前撮りで結婚式とは違った意味で特別な思い出に残ったと言ってくださるのが一番うれしいです。
ご両親や仲の良いお友達を招いて撮影を見学していただいたり、時には一緒に写っていただいたり。
ちょっとしたプチ旅行気分で楽しんでいただけると、前撮り自体が素敵な思い出に残る1日になるのではないかと思っています。
 
クオリティの高い、素敵な記念写真ということ意外にも、前撮りをする理由はたくさんあるということが分かったのではないでしょうか。
前撮りはしなくて良いのでは?と思っている方も「ただ写真を撮るだけ」と思っているのであれば、上記を含めて一度考えてみることをおすすめします。

宇多津・観音寺のフォトスタジオ

お電話でご予約

ネットからご予約

  • マリーアージュコトブキ 宇多津店

    〒769-0202
    香川県綾歌郡宇多津町浜二番丁19-16

    0877-41-0888

  • マリーアージュコトブキ 観音寺店

    〒768-0067
    香川県観音寺市坂本町4丁目1番35号

    0875-25-2780