自分に似合う振袖の色は?パーソナルカラー診断で相性の良いカラーを探そう!

ファッション誌などを読んでいると「パーソナルカラー診断」という言葉を目にする機会がありますよね?
自分に合った色をチョイスすることで、より着ているものと自分の相性が良くなるというものです。
 
でも、実際にどんな色が自分に似合うのか、知っているという方は少ないですよね。
そこで今回は、自分と相性の良い色の振袖を見つけるパーソナルカラーについて紹介していきます。
 

パーソナルカラーって何?


パーソナルカラーというのは、肌や髪、瞳の色や印象などから自分がどういったタイプかを分析し、似合う色を見つけていくものです。
「スプリングタイプ(春)」「サマータイプ(夏)」「オータムタイプ(秋)」「ウインタータイプ(冬)」の4つのタイプに分類されます。
それぞれのタイプによって相性の良い色が変わってくるため、自分がどのタイプかを知ることで、自分に似合う色が分かってくるようになります。
 
まずは、それぞれのタイプの特徴を列挙するので、自分がどれに当てはまるのかをチェックしてみてください。
 

スプリングタイプ(春)

色とりどりの花が咲き誇り、鮮やかな緑が芽吹く春は、明るく華やかな色が似合います。
活発で愛らしい印象が強く、キュートで明るい印象です。
 

  • 【瞳の色】明るい茶色orソフトブラック。キラキラ系
  • 【髪の色】柔らかい茶色
  • 【肌の色】明るいアイボリー。薄めで艶やか
  • 【日焼けのタイプ】日焼けしてもすぐ戻る。赤くなることもある
  • 【唇の色】淡いサーモンピンク、もしくは淡いベージュ
  • 【リップの色】コーラル・オレンジ系
  • 【アクセの色】キラキラのゴールド
  • 【普段着の色】ベージュやキャメルを着ると明るい印象になる
  • 【褒められる色】黄色やオレンジなどのビタミンカラー
  • 【第一印象】親しみやすい、明るい

 

サマータイプ(夏)

紫陽花や朝顔のように淡くソフトな色が似合うのがサマータイプ。
上品で優し気な印象が強く、エレガントな印象があります。
 

  • 【瞳の色】赤いブラウンorグレー。黒目と白目の境目が柔らかい
  • 【髪の色】柔らかい質感の黒
  • 【肌の色】明るめのピンク。頬に赤みが出やすい
  • 【日焼けのタイプ】日焼けせずに赤くなる
  • 【唇の色】ピンク・ローズ系
  • 【リップの色】ピンク・ローズ系
  • 【アクセの色】光沢控えめのプラチナ・シルバー
  • 【普段着の色】グレーやネイビーを着ると上品な印象になる
  • 【褒められる色】水色やラベンダーなどのパステルカラー
  • 【第一印象】優しげ、爽やか、品がある

 

オータムタイプ(秋)

温かみのあるディープなカラーが似合うオータムタイプ。
シックでナチュラルな印象が強く残ります。
 

  • 【瞳の色】深いブラウンor黒。落ち着いた印象
  • 【髪の色】深いブラウン
  • 【肌の色】オクール系でマット。くすみやすい
  • 【日焼けのタイプ】日焼けしやすく元の色に戻りにくい
  • 【唇の色】落ち着いたオレンジorベージュ系
  • 【リップの色】くすみオレンジ・ブラウン系
  • 【アクセの色】ゴールドorマットゴールド
  • 【普段着の色】カーキ・ブラウンを着ると、地味にならずおしゃれな印象になる
  • 【褒められる色】マスタードやテラコッタなどのアースカラー
  • 【第一印象】落ち着いている、穏やか、ナチュラル

 

ウインタータイプ(冬)

鮮やかな原色やモノトーンカラーが似合うウインタータイプ。
個性的な色が似合うこともあって、第一印象に残りやすい特徴があります。
 

  • 【瞳の色】赤系の深いブラウンor黒。白目と黒目の境界がくっきり
  • 【髪の色】はっきりとした黒
  • 【肌の色】ピンク系で色白、もしくは地黒。艶やかで血色を感じにくい
  • 【日焼けのタイプ】赤くなった後で黒くなる
  • 【唇の色】ローズ系。青ざめて見えることも
  • 【リップの色】フューシャピンク・ボルドー系
  • 【アクセの色】光沢のあるプラチナ、シルバー
  • 【普段着の色】黒を着るとシャープで引き締まった印象になる
  • 【褒められる色】ブルーやマゼンダなど、鮮やかなビビットカラー
  • 【第一印象】クール、華やか

 

スプリングタイプに似合う振袖は、透き通るような明るい色


肌の色がイエローをはじめとする明るい色と相性の良いスプリングタイプ。
パステルカラーの振袖も明るく可憐に着こなすことができるのが特徴です。
 
人気のピンクを選びたい場合は、ビビットなピンクよりも、やや黄みがかったサーモンピンクやコーラルピンクなどを選ぶとよりしっくりした印象になる可能性が高いです。
苦手としているダークカラーを取り入れたい場合は、顔まわりのアクセではなく裾まわりや小物に使うのがおすすめです。
 

サマータイプに似合う振袖は、爽やかで涼し気な色


青みのあるパステルカラーやくすみのある淡い色の振袖を着ると爽やかな印象になるサマータイプ。
青みがかった色との相性が良く、立体感のある顔立ちになります。
 
ピンクやローズ系の色とも相性が良く、選び代が少なくて困るということはほとんどありません。
鮮やかな色や極端に淡い色が苦手なので、顔まわり以外で使うことをおすすめします。
 

オータムタイプに似合うのは、重厚感のあるレトロな柄


スプリングタイプと同じイエローベースでも、オータムタイプはモスグリーンやオリーブなど、深みのあるオレンジやブラウンが似合います。
そのため、ジャンル的にレトロな柄のものが多く、「和」を感じる振袖をキレイに着こなせるタイプでもあります。
 
赤やピンクを取り入れる場合も同様で、レトロモダンな柄が入ったものや、黄色、オレンジと合わせたものは種類が豊富なので安心。
青みが強い色やビビットな色を取り入れる場合は小物や帯などに使うのがおすすめです。
 

ウインタータイプに似合うのは、クールでシャープな大人の色


4つのタイプの中で唯一、黒と相性が良いウインタータイプ。
なかなか似合う方がいないこともあって、注目されること間違いなしです。
 
ビビットカラーや極端に淡い色など、特徴的なカラーも似合いやすいので、赤やピンクを選ぶ際にもはっきりとした印象のデザインを選ぶと似合いやすいでしょう。
黄色をはじめとする他のカラーで相性の良い色が苦手なことも多いです。振袖との相性も合わないことが少なくないので、どうしても取り入れたい場合はコーディネーターにも相談してみましょう。
 

パーソナルカラーから選ぶ振袖の色

いかがでしたか?
パーソナルカラーがすべてというわけではありませんが、自身に似合いやすい色という意味では、自分に合った振袖を探すためのヒントになるのではないでしょうか。
 
色にはさまざまな相性があり、パーソナルカラーは顔や肌、髪など、自分自身の色と振袖の色の相性を考えていくために参考となるものです。
振袖選びに役立てて、ぜひ最高の衣裳姿で成人式に臨んでください。

宇多津・観音寺のフォトスタジオ

お電話でご予約

ネットからご予約

  • マリーアージュコトブキ 宇多津店

    〒769-0202
    香川県綾歌郡宇多津町浜二番丁19-16

    0877-41-0888

  • マリーアージュコトブキ 観音寺店

    〒768-0067
    香川県観音寺市坂本町4丁目1番35号

    0875-25-2780