夏のフォトウエディング必見!おすすめの暑さ対策&必須アイテム

夏のフォトウエディングは、青い空や海、美しい緑をバックにクオリティの高い写真が残せる季節。
夏限定のリーズナブルな価格も手伝って、撮影を考えている方も少なくありません。

ただ1点、夏といえば非常に暑いため、撮影自体はかなり体力を消耗します。
日差しが強い中でずっと過ごしていると、熱中症になってしまう可能性も。
そこで必要になってくるのが「暑さ対策」です。

備えあれば患いなし。
やりすぎて困ることは絶対にないので、夏の暑さを甘く見ず、しっかりと対策をした上で撮影に臨みましょう。
今回の記事では、夏のフォトウエディング撮影に必要な暑さ対策をしっかりとご紹介していきます。

暑さ対策の必須アイテム6選


暑さ対策で必要なものといえば、水分補給をはじめとする対策アイテムです。
夏のフォトウエディングで熱中症になってしまったり、暑さで疲れた表情になってしまったりしないためにも、いろいろなアイテムを持参することをおすすめします。

必須アイテム1:飲料水・スポーツドリンク

ドレスや和装はそれぞれかなりの重量があるため、立っているだけでも体力を消耗します。
厚着になることもあり、体力を消耗していくことは間違いありません。
撮影中、休憩をはさみつつ、しっかりと水分補給をするようにしましょう。

水分をとりすぎるとトイレに行きたくなってしまったり、おなかを下してしまったりする可能性があるので、気になって水分を控えてしまう方もいらっしゃいます。
水分をとらないと熱中症になってしまう危険性があるので、のどが渇いていなくても水分をとるようにしましょう。

水だけだと汗で失われた塩分やミネラルを補給することができないので、スポーツドリンクがおすすめ。
冷凍庫で凍らせたペットボトルをタオルで巻いて持ち歩けば、炎天下でも2時間程度は冷たい状態で飲むことができるのでおすすめです。

必須アイテム2:塩分タブレット

もし、水で水分補給を考えている場合、プラスで持っておきたいのが塩分タブレット。
スポーツドリンクと同様に、体から失われた塩分やミネラルを補給することができるため、熱中症対策になります。

必須アイテム3:タオルや汗拭きシート

汗を拭うためのタオルは夏の必須アイテム。
水にぬらすなどして冷やしたタオルを首筋やわきの下などにつけると、気持ちよく体をクールダウンさせてくれます。
汗拭きシートかタオルのいずれかを持ち歩くようにしましょう。

必須アイテム4:うちわ・扇子・ハンディファン

風がある日は必要ありませんが、日によっては海でもほとんど風が吹かない日もあります。
そのため、うちわや扇子など、風を起こすアイテムは夏の必需品。
最近はスイッチひとつで風を起こしてくれるハンディファンもあるので、ぜひ持参するようにしましょう。

必須アイテム5:日傘・パラソル

山や建物など、日陰がある場所での撮影ではあまり気にする必要はありませんが、あまり日陰のないビーチなどで長時間撮影する場合は日傘を用意するのがおすすめ。
直射日光を避け、暑さを和らげてくれるのでとても便利です。

フォトウエディングといってもずっと撮影をしているわけではないので、水分補給の時は日傘をさしておくようにしましょう。

必須アイテム6:保冷剤・保冷マスク

夏の暑さを少しでも和らげるために用意しておくと便利なのが保冷剤です。
保冷バッグに入れておき、タオルでくるんで首筋やわきに充てると、体を冷やすことができて熱中症対策にもなります。
最近はマスクに保冷効果を持たせた保冷マスクもあるので、コロナ禍の撮影とも相まってとても便利。
凍らせたスポーツドリンクを頬に充てるだけでもひんやり心地良いので、こまめに体を冷やすようにしておきましょう。

夏の撮影で注意したい対策


夏のフォトウエディングで必要なものといえば当日に向けた体調管理。
体調を崩してしまうと当日の撮影が辛いばかりでなく、熱中症にもかかりやすくなってしまいます。
ほんの少し気を付けるだけで防げるものもあるので、事前の対策をきちんとしておきましょう。

前日は早めの就寝と質の高い眠りを心がけましょう

睡眠不足は当日、体調を崩す原因となってしまう可能性があります。
普段以上に体調管理には注意し、早めの就寝を心がけましょう。

また、眠る時にエアコンの温度を低くしすぎると風邪をひいてしまう可能性があるので注意が必要です。
体調不良は熱中症へと繋がる悪循環の始まり。
早めに寝て、質の良い睡眠をとることを心がけてください。

朝食をしっかり食べて体力をつけましょう

午前中から撮影が始まる場合は特に、普段朝食を食べない方も、できれば当日の朝は朝食を食べておきましょう。
水分と塩分をとっておくことはもちろん、普段の運動しない日に比べて撮影当日はかなり体力を消耗します。
朝ごはんをしっかり食べて、体力をつけて撮影に臨むと良いでしょう。

前日の深酒は禁物

アルコールはたくさん飲みすぎると体が水分不足になってしまいます。
深酒をすると体の水分が不足した状態で撮影に臨むことになるため、撮影時に体調不良になってしまう可能性が高くなります。
また、コーヒーをはじめとするカフェインも利尿作用があるため、撮影のことを考えるとあまりおすすめできません。
フォトウエディングの前日や当日の朝はできるだけ控えめにしておくと当日の撮影で体調を崩しにくくなります。

夏のフォトウエディング半額キャンペーン実施中

マリアージュコトブキでは、夏のフォトウエディングが半額になるキャンペーンを実施中。
スタジオ撮影の洋装プランが、通常¥30,000のところ、¥15,000になります。
人気のプランをリーズナブルに叶えられる期間限定のキャンペーンですので、撮影をお考えの方は是非チェックしてみてください。

宇多津・観音寺のフォトスタジオ

お電話でご予約

ネットからご予約

  • マリーアージュコトブキ 宇多津店

    〒769-0202
    香川県綾歌郡宇多津町浜二番丁19-16

    0877-41-0888

  • マリーアージュコトブキ 観音寺店

    〒768-0067
    香川県観音寺市坂本町4丁目1番35号

    0875-25-2780