前撮り・フォトウエディングの準備って何をする?どんなものを用意すれば良い?

結婚の記念に、婚礼衣装を身にまとって写真を撮影するフォトウエディングや、結婚式の前に晴れ姿を写真に収めておく前撮り。
「衣裳選びや写真館の打ち合わせが必要なことは分かるけれど、それ以外に準備しておくことはあるの?」
と、疑問に思っている方もいらっしゃるようです。
そこで、今回は、前撮り・フォトウエディングに向けた準備について詳しく解説していきます。

写真館を決めるところから準備は始まっている


ウエディングフォトの撮影は、結婚式のプランに含まれていたり、指定の写真館があったりするケースもあります。
そのため、「写真館選びから準備が始まっている」と言われてもいまいちピンとこないかもしれません。
ただ、写真のクオリティにこだわりたい場合、写真館選びは重要なポイントのひとつです。
何故なら、プロカメラマンといっても、撮影する写真にはさまざまなテイストがあるからです。

写真は、カメラマンがカメラを使って描き出すひとつの表現方法です。
そのため、プロカメラマンが同じものを撮影しても、まったく違った写真になることも少なくありません。
だから「ふたりの好みにピッタリ合う写真を撮影してくれるカメラマンを探すこと」が、前撮り・フォトウエディングの最初の準備と言えます。

打ち合わせでしっかりコミュニケーションをとっておく


撮影の打ち合わせは、撮影場所や衣裳、日取りを決めながら、好みのタッチや撮りたいイメージなどを共有することです。
ただ、それだけであれば、わざわざお店まで足を運んで打ち合わせをしなくても、メールのやり取りで済むとお考えの方も少なくないでしょう。
実は、お店に足を運び、会話をすることにも大きな意味があるのです。

1つひとつやり取りをしていくなかで「カメラマンと仲良くなれるかどうか」は、意外と重要な準備のひとつ。
というのも、撮影当日になってカメラを向けられると緊張して表情がカチコチになってしまう場合があるからです。
慣れない環境、慣れない恰好の中で「良い写真を残そう」と意識すればするほど、緊張してしまうというわけです。

それが、カメラマンが友達だとどうでしょう。
なじみ深い人たちと会話を楽しみながら撮影をする場合、自然と笑顔があふれ、作らなくても素敵な写真が残されていくことが多いです。
そうしていくうちに、気持ちが乗ってきて、キメポーズも自然とできてしまうもの。
だから、重要なのはいかに緊張しない環境が作れるよう準備しておけるかどうか。
スタッフやカメラマンも仲良くなれるよう努力しますので、おふたりも積極的に心を開いていただけるとより素敵な写真を残せる可能性がアップします。

雨天時の対応を事前に決めておきましょう


具体的な準備の項目は、ほとんどの場合、写真館にお任せしておけば問題ありません。
ただし、ロケーション撮影をする場合、当日雨が降った時にどうするかは考えておく必要があります。

屋根がある、別の場所で撮影するのか。
延期して別の日に撮り直すのか。
キャンセルするのか。
また、延期やキャンセルの場合、費用は発生するのかも確認しておくことをおすすめします。

データ納品日の確認もお忘れなく


他にも、撮影後、データがいつ納品されるのかもきちんとした確認が必要です。
いつでもOKであれば、特に気にすることはありませんが、

「撮影したデータを使って手作りアイテムを作りたい」
「ウエルカムボードを依頼するために前撮りの写真が必要」

など、撮影したデータを使って何かをする場合、納期を確認しておかなければ次の工程に影響が出てしまう可能性があります。
多くの場合、撮影した写真は、撮影日から1カ月以内に納品されることがほとんどです。
ただ、それでは間に合わないような急ぎの場合、決まった写真だけ早めに納品してもらえるのか。
それによって料金が発生するのかといった確認もしておくと良いでしょう。

被写体となる自身の準備もお忘れなく


前撮りやフォトウエディングで最も重要なのは、景色でも衣裳でもなく、自分自身です。
結婚準備が忙しすぎて目の下にクマができていたり、急激に痩せたり太ったりして衣裳が合わなくなってしまったりといったことが起こらないよう、当日に合わせて万全の状態で臨めるよう準備しておきましょう。

女性の場合、エステに通って肌の状態を整えておくのも準備のひとつです。
結婚式をする場合、ブライダルエステに通う方も多くいらっしゃるでしょう。
結婚式当日のことはもちろん、前撮りの日程も伝え、キレイな姿で当日を迎えられるようにしておきましょう。

結婚式をしない場合は撮影日が一番の特別な日になります。
結婚式ほどお金と時間をかけてエステに通うという方は少ないかもしれませんが、ウエディングフォトは一生残る大切な写真です。
肌の調子を整えて当日万全の状態で臨めるよう準備しておくことをおすすめします。

当日の持ち物を準備しましょう

最後に、当日持っていくものをしっかりと準備しておきましょう。
撮影に使うアイテムやブライダルインナー、結婚指輪なども必要なアイテムのひとつ。
その他、夏の場合は汗拭きタオルや水分など、冬であれば寒さ対策にカイロなどを持参すると良いでしょう。

詳細は下記記事でも紹介しているので、合わせてご確認ください。
↓↓↓

忘れ物はない?前撮りやフォトウエディングの持ち物チェックリスト

しっかり準備を整えて撮影に臨みましょう

いかがでしたか?
結婚式はもちろん、前撮りやフォトウエディングも当日は笑顔で楽しめる特別な日のひとつです。
だからこそ、しっかりと準備を整え、当日を迎えることをおすすめします。
分からないことがあれば、カメラマンやスタッフにどんどん質問してください。
それだけでも、お互いの関係を深められるきっかけのひとつになるかもしれません。

宇多津・観音寺のフォトスタジオ

お電話でご予約

ネットからご予約

  • マリーアージュコトブキ 宇多津店

    〒769-0202
    香川県綾歌郡宇多津町浜二番丁19-16

    0877-41-0888

  • マリーアージュコトブキ 観音寺店

    〒768-0067
    香川県観音寺市坂本町4丁目1番35号

    0875-25-2780